So-net無料ブログ作成
検索選択

門司・耶馬ツーリング (メイプル耶馬サイクリングロード編) [大分]

2016年2月13日(sat)
門司・耶馬ツーリングの2日目は、大分県中津市からスタートです。
今日走るのは、2003年の日本経済新聞「サイクリングロードランキング」で第1位の栄冠に輝いた「メイプル耶馬サイクリングロード」。
楽しみにしていたのですが、生憎朝から雨です。
b.b.mk2 さんとの旅では、雨に降られることはめったに無かったのですが……
(=。=|||)
2016021301.JPG



本来はJR日豊本線「中津駅」を起点にしていたのですが、雨も結構降っているので「メイプル耶馬サイクリングロード」の起点近くまで車で移動しました。
車を停めたところが「青の洞門」です。
江戸時代に諸国遍歴の旅の途中この地を訪れた禅海和尚が、岩かべにつくられた「鎖渡し」の道をわたらなければならなかった難所で命を落とす人馬を見て、約30年の歳月をかけて洞門開削工事に取り掛かり完成したものです。
2016021302.JPG

トンネルは車一台が通れる大きさしかないので、信号で往来を制限しています。
2016021303.JPG

ノミと槌だけで掘り抜いた隧道の長さは約342mあり、うちトンネル部分の延長が約144mあります。
2016021304.JPG

岩かべにつくられた「鎖渡し」の道って、それはそれは怖かったでしょうね~
2016021305.JPG

慈悲心からとはいえ、30年もよく掘り続けたものです。
2016021307.JPG

明り取り用の窓もあります。
2016021306.JPG

「青の洞門」を出てR212と合流したところに、「耶馬渓橋」はありました。
2016021308.JPG

日本百名橋の一つにも数えられている「耶馬渓橋」は8連のアーチの橋長116mは日本最長で、大分県の有形文化財に指定されています。
2016021309.JPG

橋の袂に「かえる君」がいます。
2016021310.JPG

「青の洞門」を向かい側から見ます。
2016021311.JPG

歩いて観光する人もいます。
2016021312.JPG

「耶馬渓」は火山活動による凝灰岩や凝灰角礫岩、熔岩からなる台地の侵食によってできた奇岩の連なる絶景です。
2016021314.JPG

「羅漢寺橋」
2016021315.JPG

橋長89mの石造3連アーチ橋で、先ほど見た下流の「耶馬渓橋」と上流の「馬渓橋」で「耶馬渓三橋」と呼ばれています。
2016021316.JPG

旧耶馬渓鉄道の線路跡を全舗装整備して作られたのが「メイプル耶馬サイクリングロード」で、線路跡は急勾配が少なくて走り易いです。
2016021317.JPG

「耶馬溪平田駅」
側面に切石を2段に積んだ、簡略な形式のプラットホームです。
2016021319.JPG

現在はサイクリングロードの休憩施設となっていて、ここでb.b.mk2 さんと雨宿り。
少し小降りになってきたので、先に出発します。
2016021320.JPG

「耶馬溪平田駅」の裏に、古い郵便局が。
何故かオルガンが雨ざらしになって置いていました。
2016021321.JPG

晴れていたら快適なサイクリングだったと思いますが、雲がかかった「耶馬渓」もいいものだと思うことにしましょう(笑)
2016021322.JPG

この日は暖かく、梅が開花していました。
2016021323.JPG

この辺りでは雨も小降りになり、走りも快適になってきました。
景色を楽しむ余裕もできてきました。
2016021324.JPG

「酔仙岩(すいせんがん)の景」
2016021325.JPG

酒に酔っぱらった25人の仙人が、思い思いの格好で遊んでいる見えるそうですが……(∵)?
2016021326.JPG

随所にトンネルがあります。
2016021327.JPG

b.b.mk2 さんも追いついてこられました。
2016021328.JPG

b.b.mk2 さんとの旅の特徴は、起点まで一緒に行き、ゴールで合流。
その間は、個々の時間を自由に使う走り方です。
ということで、抜きつ抜かれつ、時には別ルートで最後に合流は当たり前です。
2016021329.JPG

珍しい造りのトンネルです。
下段は石垣で、上段はレンガ積みです。
2016021330.JPG

「メイプル耶馬サイクリングロード」が紹介されている記事には、殆どと言っていいほど紹介されている「第二山国川鉄橋」。
2012年の豪雨で橋の半分が流出しましたが、2014年に復旧されています。
奥の橋脚が新しいです。
2016021331.JPG

「第二山国川鉄橋」の近くには、こんなモニュメントが。
2016021332.JPG

当時の「第二山国川鉄橋」を走る耶馬渓鉄道車輌。
2016021333.JPG

あるトンネルには、湧水がありました。
飲めるそうなのですが……(;^_^A
2016021334.JPG

「下郷(しもごう)駅」
ここも休憩所となっています。
2016021335.JPG

頼山陽八景 その六「一ツ戸の景」
2016021336.JPG


2016021337.JPG

「メイプル耶馬サイクリングロード」の終点は「コアやまくに」ですが、14時も過ぎているのでお昼の採れるところがb.b.mk2 さんとの待ち合わせ場所「道の駅やまくに」W@R

2016021338.JPG

バイキングで昼食です。
腹ペコです~!!
2016021339.JPG

雨でもヘコタレナイおじさん2人ツーリングでした。
自宅に着いたのは翌日の3:00a.m.。
たっぷり遊んだ2日間……いや、3日間でした。(笑)
2016021340.JPG

nice!(74)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 74

コメント 5

hatumi30331

いい所へ行って来たね〜♪^^
この辺りは行ったこと無いよ。
たっぷり遊んで、次の日はグッスリかな?(笑)
お疲れさまでした。
by hatumi30331 (2016-02-29 07:13) 

tsun

全然知りませんでしたが、時間を掛けてゆっくり走りたいところですね。
写真を拝見する分にはしっとり感があっていいのですが、やはり雨は嫌ですよね。
by tsun (2016-02-29 12:31) 

angiras6

雨の耶馬渓もいいものですね。

私は晴れの方がいいですが(爆
by angiras6 (2016-02-29 18:47) 

Azumino_Kaku

こんばんは、
たまたま昨日、通勤用バイク(MTB)を引っ張り出して乗ってみました。お写真拝見してMTBで旅がしたくなりました。
by Azumino_Kaku (2016-02-29 21:50) 

b.b.mk2

おつかれさまでした。
雨にやられましたが、思い出せば楽しかったですね。
また次回!
by b.b.mk2 (2016-03-05 11:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: